CONCEPT   コンセプト


○MATERIAL  

岐阜県からとりよせた美濃土がベースになります。

1000万年以上前に古代湖の底に堆積溜した粘土でとても粘りが強い粘土です。



ぐんと押すとぐんと押し返してくるような挽きごたえのある土で、焼きしまりも良くなるよう工夫しています。 









○KICK WHEEL   蹴轆轤




蹴って回す「蹴轆轤」を使っています。

以前は電気ロクロで制作していたのですが、独立時にあるピアニストの演奏に興味を持ったのがきっかけで、自分の足で動かし、器と呼吸を合わせることができる蹴ロクロを選びました。

遠心力が弱く自分でコントロールできるので、器が左右非対称になっても最後まで均一な厚さに挽くことができます。






パフォーマンス作品「染付大鉢」
○BOWL WORKS     器について



美大で油絵を学んでいたころは「自画像」をテーマに手のひらや指を使って描いていました。

  表に現れると書いて「表現」と言うように、全ての表現は結局自画像です。人間、自分の中に無いものは出せません。

「器の大きさ」が人間性を表すように、器の持つ「キープする」「そこにいれて運ぶ」「貯め置く」という性質はあらゆる流動性の中で重要な役割を持ちます。


学生時はジェットコースター的な非日常のアート、現代芸術の世界にあって、陶芸は分量として巨大な日常の世界にあるアートであり、「食べる」という根源的なものに結びついている希有な媒体です。触覚感やプロセス、遅さを表現することにも興味がありました。




陶芸は私にとって、それを表現する一番の方法です。








○EXHIBITION   佐ノ川谷藍子 器展

土生神社鎮守の森 器展

使われていない古い蔵、商店街の空き店舗、神社の鎮守の森など
日常に開かれた、ぽっかり空いた場所を見つけては
持ち主や管理者さんにお願いして「佐ノ川谷藍子 器展」を自主企画しています。

また美味しい食べ物のある場所、作品と相性の良いレストランやカフェなどで器を展示することもあります。

個々人の日常のエッセンスと陶器をつなげるように、
南大阪・泉州の街中で毎年2~4回程度、1日~5日間の日程で展示しています。


最新の展示予定はブログにて更新 → http://ameblo.jp/koubou-chisetu/



○MATERIAL


I make earthen pottery with my kick wheel and a particular clay called "Mino-tuti[美濃土]".
This accumulated ancient clay was on the bottom of the lake more than 10 million years ago. It is produced from Gifu Prefecture at the middle of japan .The clay has specially strong stickiness. When I push the clay on the kick wheel, I feel the clay push buck by itself.

○KICK WHEEL


I use "kick wheel" that rotate by kicking.

I used electricity wheel before.When I build my workshop,I interested in a performance of a pianist.Then I choose the kick wheel,so it can move by my move,I have a image that take a same breath with a clay bowl with that wood wheel.

The wheel can control the weak centrifugal force,and possible to make a uniform thickness
with good asymmetry expression.


○BOWL WORKS


I drew the theme of "Self Portrait"pictures with using a finger or palm when I was student,oil painting at art school; Osaka university of Art.

As saying "expression", all expressions are self-portrait. Expression means go out myself by press from my inside.Bowl size is compared one human's capacity in Japan,to keep, to transport, to save, Bowl has the important roles in all of the fluidity.  

I was in the conceptual art world in my undergraduate. It's extraordinary thing like the roller coaster ride. Pottery is in the daily world,and daily is huge at a human's life. Bowls and dishes,pottery is rare conductor that connect to eating.It's a root of life. 


I have interested in a sense of touch,the process, express a slow.Pottery is the vest way and most interesting conductor for me.



○EXHIBITION


I have exhibition at Japanese old warehouse,empty shop in local town shopping street, the grove of a village shrine,or a space opened to daily side world in south Osaka.The bowl exhibition is held cafe or restaurant,delicious foods are good compatibility with earthen pottery of my work,sometimes.


I make pottery and show you with persons in this Sen-syuu region,South Osaka,Japan, who are helping me to use those places as my exhibition place.
I hold exhibitions about 2 to 4 times every month, at the schedule of one day to 5 days.
My try is in the individual person's daily essence tie to my works.



Latest schedule of exhibition in Japanese→ http://ameblo.jp/koubou-chisetu/
Google Map with schedule in Japanese and English → http://g.co/maps/cavmx